目前分類:歌詞 (129)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要



こんな夕暮れは いつも思い出す
さざんかの咲く道で
独りで遊んだあの頃を
赤い夕日の 鏡の中に
こぼれて落ちる 月日の破片
誰かいて欲しい 背中抱いて欲しい
人はなぜ生まれ どこへ流れるの
こんな夕暮れ あゝ人恋し

こんな夜更けには 振り返ってしまう
足音を引きずって
あいつが帰ってくるようで
外は木枯らし 暗い夜空に
にじんで消えた 男と女
誰かいて欲しい 夢をわけて欲しい
人はめぐり逢い いつか別れても
こんな夜更けは あゝ人恋し

誰かいて欲しい 背中抱いて欲しい
人はなぜ生まれ どこへ流れるの
こんな夕暮れ あゝ人恋し
人はなぜ生まれ どこへ流れるの
こんな夕暮れ あゝ人恋し

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()




ああ みずいろの雨
私の肩を抱いて つつんで 降り続くの
ああ くずれてしまえ
あとかたもなく 流されてゆく 愛のかたち

やさしい人ね あなたって人は
見ないふりしていたの 私のあやまち
ひとときの気まぐれ 通りすぎるまで
忘れてよ 忘れてよ 愛したことなど

ああ みずいろの雨
私の肩を抱いて つつんで 降り続くの
ああ 忘れてしまえ
あとかたもなく 流されてゆく 愛のかたち

とがめる言葉なら 素直に聞けたわ
ほほえんでいただけの なつかしい日々
傷ついたその分 淋しい目をしてた
もどれない もどれない あの日の二人には

砂山 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()


12位天后經典情歌組曲【為愛啟程】Cover by JCee
 JCee Chang·17 部影片


訂閱
1,545 20,817
  264       4
喜歡  關於   分享   新增至     
發佈時間:2013-02-24
王菲【天空】
李玟【暗示】
蔡依林【倒帶】
孫燕姿【我懷念的】
莫文蔚【陰天】
蔡健雅【拋物線】
蕭亞軒【最熟悉的陌生人】
梁靜茹【勇氣】
鄭秀文【值得】
林憶蓮【傷痕】
劉若英【後來】
張惠妹【我要快樂】


為愛啟程


作詞:黃桂蘭、姚謙、方文山、姚若龍、李宗盛、小寒、姚謙、瑞業、廖瑩如、施人誠、鄔­裕康
作曲:楊明煌、吳旭文、周杰倫、李偲菘、李宗盛、周國儀、蔡健雅、柯肇雷、光良、黃明­洲、玉城千春、林倛玉、陳子隆
編曲:于京延


我的天空 為何掛滿濕的淚
我的天空 為何總灰的臉
飄流在世界的另一邊 任寂寞侵犯一遍一遍
天空 劃著長長的思念


全世界只有你不懂我愛你 我給的不只是好朋友而已
每個欲言又止淺淺笑容裡 難道你沒發現我渴望訊息


終於看開 愛回不來 我們面前太多阻礙
你的手卻放不開 寧願沒出息 求我別離開


我懷念的是無話不說 我懷念的是一起做夢
我懷念的是爭吵以後 還是想要愛你的衝動
我記得那年生日 也記得那一首歌
記得那片星空 最緊的右手 最暖的胸口
誰記得 誰忘了


陰天 在不開燈的房間
當所有思緒都一點一點沉澱
愛情究竟是精神鴉片
還是世紀末的無聊消遣


香煙 氳成一灘光圈
和他的照片就擺在手邊
傻傻兩個人 笑的多甜
愛沿著 拋物線
離幸福 總降落得差一點
至高後才了解
世上月圓月缺只是錯覺


我們變成了世上 最熟悉的 陌生人
今後各自曲折 各自悲哀


只怪 我們愛得那麼洶湧 愛得 那麼深
於是夢醒了擱淺了沉默了揮手了 卻回不了神
如果我的堅強任性 會不小心傷害了你
你能不能溫柔提醒
我雖然心太急 更害怕錯過你
愛真的需要勇氣 來面對流言蜚語
人潮擁擠我能感覺你 放在我手心裡 你的真心


我們的故事愛就愛到值得 錯也錯的值得
愛到翻天覆地也會有結果
用盡所有力氣不是為我 那是為你才這麼做


雖然愛是種責任 給要給得完整
有時愛 美在無法永恆
愛有多銷魂 就有多傷人
你若勇敢愛了 就要勇敢分


但願天空 不再掛滿濕的淚


後來 我總算學會了如何去愛 可惜你早已遠去 消失在人海
後來 終於在眼淚中明白 有些人 一旦錯過就不再


我要快樂我要能睡的安穩
有些人不抱了才溫暖 離開了才不恨 我早應該割捨
我要快樂 哪怕笑的再大聲
心不是熱的 全都是假的
只有眼淚是真的


Like me on Facebook! 
加入我的 Facebook 粉絲專頁!
https://www.facebook.com/JCeeMuzic

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

聰明的人 也會糊塗
付出真情 換無快樂
變心腳步 永遠走袂到 幸福

為你甘願獻出 我的全部
一點一滴 無留退路
如今心痛 有誰人陪我渡

我 無論風雨 擱卡艱苦 攏無計較
甘願永遠陪你身邊
恁 雙雙對對 甜甜蜜蜜 出出入入
留乎我的只有滿滿的空虛

我還無準備你就來離開
過去的愛放一邊
孤單是我 最後的行李

*為何對我這呢心狠手辣
 當初的詛咒 如今變卦
 目屎若是流乾
 也救袂返來 你疼我

 為何對我這呢心狠手辣
 當初的甜蜜 如今拖磨
 目屎若是流乾
 甘換會返來 你愛我

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

男:夢中的情話 啊~是真亦是假
  嘸管風雨怎樣底吹 阮猶原嘸甘清醒
  夢中叮嚀的話 雖然只有幾句話
  乎我溫暖在心底 真想要來用心交陪

*女:夢中的情話 啊~是真不是假
   雖然夢境彼呢短 愛你永遠袂反悔
   夢中叮嚀的話 山盟海誓一句話
   望你謹記在心底 我會用真心來交陪

#男:感謝你對我這坦白 乎我有重新出發的機會
 女:初戀的滋味也試過 著乎感情來冷靜徹底
 男:只要咱相愛過程美麗
 女:就隨緣份安排一切
 男:感謝天的成全體會 乎咱有一擺
 合:相愛的機會

Repeat *,#

男:感謝你對我這坦白    女:對我這坦白
男:乎我有重新出發的機會  女:啊~~~~
男:初戀的滋味也試過
女:著乎感情來冷靜徹底
男:只要咱相愛過程美麗
女:就隨緣份安排一切
男:感謝天的成全體會 乎咱有一擺
合:相愛的機會

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

 


    作詞:郭之儀
    作曲:郭之儀
    編曲:Terence Teo

    女人心 像風中的蠟燭
    秋風微微啊 受盡刺激
    月光影塊閃熾 風雲褪色
    女人啊 無言是美德

    *女人心 像風中的蠟燭
     秋雨綿綿啊 受盡打擊
     天頂啊塊閃電 風雲變色
     女人啊 按奈是氣魄

    #天生溫柔啊 是女人的本色
     該當疼惜啊 是男人的選擇

    △風中的蠟燭 心碎流紅淚
     無人看見 無人來安慰
     啊 風中的蠟燭 受風雨的凌遲
     誰人來解圍 阮將魂魄交乎伊

    Repeat *,#,△,△

    誰人來解圍 阮將魂魄交乎伊

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

你咁知影手欲放 
惦惦看你去 著愛多少勇氣
你咁知影心欲橫 
目屎吞落去 感覺有多空虛

你咁知影阮歸暗 
怔怔睏袂去 心內卡想也是你
你咁知影這世人 我~~尚愛的就是你

明明知影放你去 就會永遠失去你
還是將阮的命運 交乎天來決定

但是咱兩人  有約束 
一定要好好保重
一定要幸福    嘛要快樂 
雖然分開是這艱苦

但是咱兩人  有約束 
無論按怎的結局
我會用真心    甲你祝福 
我的未來你免煩惱



我的心情家己來照顧 我的未來你免煩惱

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()


恋鼓(こいつづみ)


作詞:小椋佳
作曲:小椋佳


外に篠突く     雨音続く
燃え立つ心     諌めるように


恋をしました     激しい恋を
寝ても覚めても     あなたのことで
雁字搦めの     この身です
夜に蠢く     誘い妖しく
逢いたい心     嘲るように


恋をしました     激しい恋を
夜叉の姿で     あなたのもとへ
飛んで行きたい     この身です
病いかと     狂うかと
思えるほどに     心乱れ     心熱く


静めよう     静めようとして     恋鼓


澄んだ音色に     打つほどに
さらに     火照り増す     愛おしさ


約束もなく     また恋仕度
ときめく心     なだめるように


恋をしました     激しい恋を
夜叉の姿で     あなたのもとへ
飛んで行きたい     この身です
病いかと     狂うかと
思えるほどに     心乱れ     心熱く


静めよう          静めようとして     恋鼓
澄んだ音色に     打つほどに
さらに     火照り増す           愛おしさ

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

作詞:吉田旺
作曲:浜圭介
 

北の岬に 咲く浜茄子(はまなす)の
花は紅(くれない) 未練の色よ
夢を追いかけ この海越えた
あなた恋しと 背伸びする

待って待って 待ちわびて
立待岬の 花になろうと
あなたあなた 待ちます
この命 涸れ果てるまで

霧笛かすめて 飛び交(か)う海猫(ごめ)よ
もらい泣きする 情があれば
北のおんなの 一途(いちず)なおもい
どうかつたえて あのひとに

哭いて 哭いて 泣きぬれて
立待岬の 石になっても
悔いは悔いは しません
ひとすじの この恋かけて

待って待って 待ちわびて
立待岬の 花になろうと
あなたあなた 待ちます
この命 涸れ果てるまで

 

綻放在北方海角的玫瑰
紅色的花是依戀的色彩
為了追夢越過了大海 
我思念你引頸企盼

等待 等待 焦急地等待 
即使化為立待岬的花朵 
還是會等你? 會等你 
直到生命枯萎為止

海鷗掠過霧笛交錯飛翔
如果有情的話陪我哭泣
 北方女人的專情癡心 
 請你幫我向伊轉達
 
 哭啊 哭啊 哭成淚人兒
 即使化為立待岬的石頭 
 也不會後悔 不後悔 
 一心一意只為了愛

等待 等待 焦急地等待 
即使化為立待岬的花朵 
還是會等你? 會等你 
直到生命枯萎為止

砂山 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()




青嵐(せいらん)に吹かれて 胸をはる 日もあれば

雨風にたたかれて 頭(こうべ)をたれる ときもある

人はこの世に 生きてあるかぎり

山坂千里の 九十九(つづら)折り

そうさ、人生やるっきゃないさ


朔風(さくふう)が吹いても 向かい風 吹こうとも

たじろがずくじけずに 前だけ見つめ 行くがいい

泥にまみれて 涙ながしても

こころに錦の 華をもて

そうさ、人生やるっきゃないさ



うつりゆく時代の 波風に のまれても

騒がずに嘆かずに 最善つくし 立ち向かえ

ままにならない 茨道(いばらみち)なれど

それでも行かねば ならぬ道

そうさ、人生やるっきゃないさ

そうさ、人生やるっきゃないさ 


BY 千尋「日語演歌」之歌詞、中譯天地



屹立風中

 

 有時被夏日微風吹拂 有如抬頭挺胸般

 有時被風雨吹打 頭也會垂下來喪氣般

 人只要活在這世上

 就會歷經一波又一波的萬重波折(如羊腸曲折山路九彎十八拐)

  人生不就是那樣一步步堆砌而成的啊

 

  無論北風如何吹嘯 也要朝向迎面吹來的風

   不要畏縮也不要沮喪  只要凝神貫注往前行就是了

   儘管淚流滴滿在泥土上

   人生就擁有最精華 燦爛 美好的時段

   人生不就是那樣一步步堆砌而成的啊

 

   就算快被時代變遷的風浪吞沒

   不要慌張也不要悲嘆 只要盡全力勇往直前

   雖是那樣佈滿荊棘的道路

   儘管是不能不走的未知路

   人生不就是那樣一步步堆砌而成的啊

   人生不就是那樣一步步堆砌而成的啊


 
 

砂山 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()


花はただ咲く

坂本冬美 with M2
作詞:さくらももこ
作曲:宮沢和史

さくら咲き やがて夏が来て
雲は流れ いつしか雪は舞う
めぐりめぐる 季節(とき)の中で
憶えた歌 風に乗せよう

遠い日の未来と過去を
この掌でそっと 
そっと つなごう

変わりゆくものは景色で 
変わらないものは愛だと
人は言うけれど 今年もまた 
花はただ咲く

雪が解け そして緑もえ
空が染まり 木枯らし走り行く
まわりまわる 季節(とき)の中で
数えた夢 星に祈れば

はるかなる  光と闇が
瞳の中でそっと 
そっと 交わる

移りゆくものは心で 
信じられるのは愛だと
人は言うけれど 何も言わず 
雨はただ降る

遠い日の未来と過去を
この掌でそっと 
そっと つなごう

変わりゆくものは景色で 
変わらないものは愛だと
人は言うけれど 今年もまた 
花はただ咲く

移りゆくものは心で 
信じられるのは愛だと
人は言うけれど 何も言わず 
雨はただ降る 
花はただ咲く

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()


占い師脅す 来年4月
逃したら最後 チャンスない
憧れはイ・ビョンホン 理想は高く
好きすぎる気持ち 報われず
いつもマメにメールくれる男(ひと)
そのお方は村上ショージ

またシワが刻まれる 今までよりも深く
しまむらでジャージ選ぶ 癒される

ファンの方が名乗りを上げる
見合い写真 今日も届いた

また70越えた人 年上過ぎて困る
でも今は好きになりそう 男なら

また一人嫁いでく 先を越されあせる
還暦前すべりこんだ 幸子様


http://www.youtube.com/watch?v=Nm6gZJSGzFU
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Q6BaVJjifvg
------------------------------------------------


坂本冬美さんと村上ショージさん~からくりテレビから
18日のTBSテレビの「さんまのスーパーからくりTV]は「芸能人替え歌王決定戦」は、結局、坂本冬美さんが優勝しました。

予選を勝ち抜いた、多彩な顔ぶれが出場し、それぞれそれなりに楽しめました。坂本さんは山形市でのコンサート終了直後の会場で、お客さんもみんな残った状態で、替え歌を披露しました。

過去、演歌界の大物では八代亜紀さん、小林幸子さんもっこの番組に出場していて、坂本さんも自分もまだ守りではなく、挑戦的な姿勢でいるために、今回出場したと言いました。

唄ったのは、ヒット曲「まだ君に恋してる」の替え歌で「また婚期が過ぎていく」で、44歳を越した彼女の、ちょっと淋しい女心を歌にしたものです。さすがに歌の上手い坂本さんですね、その彼女が切々と唄うのですから、説得力がありました。

その歌の中で明らかになったことが、おかしいのです。歌一筋に打ち込んでいる坂本さんには付き合っている男性がいないとのことですが、しょっちゅうメールをくれる男性はいるそうです。その人はお笑いの村上ショージさんだと歌で明かしました。

唄い終わった後で、「さんまさん」が明かしたのですが、村上さんは坂本さんの大ファンで「さんまさん」に一度坂本さんと食事をしたいと頼み込んで、三人で食事をしたことがあり、アドレスも教えてもらったといういきさつがあったのでした。

さらに、歌の中で坂本さんの結婚を心配したファンが持ち込んだお見合い話の相手は、70歳だったという現実を披露しました。そのうえ、還暦前に結婚に滑り込んだ「小林様」と小林幸子さんを引き合いに出して、笑いを誘っていました。

替え歌王決定戦ということで、勝敗はあまりとやかくいうものではありませんが、やはり歌である以上上手なほうがよく、坂本さんは実力を見せつけましたが、多少出来レースのような感じもしました。
----------------------------------------------
自我解嘲到昇華了藝術的程度........

砂山 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()


恋する女は夢みたがりの 
いつもヒロイン つかの間の
鏡に向ってアイペンシルの 
色を並べて迷うだけ
窓辺の憂い顔は装う女心 
茜色のシルエット

ああ あなたに恋心ぬすまれて
もっとロマンス私に仕掛けてきて
ああ あなたに恋もよう染められて
もっと ロマンスときめきを止めないで


あなたのくちびる首すじかすめ 
私の声もかすれてた
無意識にイヤリング 
気付いたらはずしてた
重なり合うシルエット シルエット

ああ 抱きしめて身動き出来ないほど
もっと ロマンス甘くだましてほしい
ああ 抱きしめて鼓動がひびくほどに
もっと ロマンス激しく感じさせて


ああ あなたに恋心ぬすまれて
もっとロマンス 私に仕掛けてきて
ああ あなたに恋もよう染められて
もっと ロマンスときめきを止めないで



戀愛中的女人都想做夢
女主角總是稍縱即逝
眼線筆朝著鏡子
我只是失去了色的側側
女人心悲傷的臉,假裝窓辺
茜草紅剪影

被偷走的愛你哦
更多的愛情故事,來接我
除了染成愛你哦
不要停止跳動的浪漫


擦過你的嘴唇頸部
我也有我的聲音嘶啞
不知不覺耳環
我注意到刪除
剪影剪影重疊

我不能走動,擁抱哦
我想欺騙更甜蜜的浪漫
足以擁抱哦音
感覺比較強烈的浪漫之旅


被偷走的愛你哦
更多的愛情故事,來接我
除了染成愛你哦
不要停止跳動的浪漫 


翻譯BY GOOGLE
-----------------------------------

http://www.youtube.com/watch?v=rEaP_OGPnZ0

砂山 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()


あの人のことなど 
もう忘れたいよ
だってどんなに
想いを寄せても
遠く叶わぬ恋なら

気がついた時には 
もう愛していた
もっと早く「さよなら…」言えたなら
こんなに辛くはなかったのに

あぁ せめて一度だけでも 
その愛しい腕の中で
「このまま傍に居て夜が明けるまで」と泣けたなら…

あぁ肩寄せ歩く恋人達 
すれ違う帰り道

寂しさ風のように  
いやされぬ心を  
もて遊ぶ
あの人の微笑 やさしさだけだと

知っていたのに 
それだけでいいはずなのに
愛を求めた片想い
愛を求めた片想い

單戀
翻譯BY GOOGLE


該人士
我想忘記了
因為不管如何
也顯示出他們的感受
如果你不來真正的愛情遠

當我注意到
我已經愛上
“再見了......”我可以說更多的很快
雖然我不那麼痛苦

啊,獨自一人至少一次
她心愛的武器
我感動得熱淚盈眶,“直到天亮附近狀態”...

戀人走的肩膀哦雜
通過相互回來的路上

像風中的孤獨
心不癒合
調情
只要微笑和善良的那個人

即使你知道
這是應該做的只是
單戀,尋找愛情
單戀,尋找愛情

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

San Francisco morning coming clear and cold
Don’t know if I’m waking or I’m dreaming
Riding with Fats Waller on the Super Chief
He said, music’s real, the rest is seeming

Oh, he played
Feeling that won’t go away
left a sound of his soul in the air
I can hear it out there
And I know

He left those soul shadows
On my mind, on my mind, on my mind
He left those soul shadows
On my mind, on my mind, on my mind

Standing by the window as the fog rolls in
I swear I can hear a far-off music
Jelly Roll is playing down in Storyville
Satchmo's wailing somewhere in Chicago

Coltrane reaching for the noteshis mind can hear
They remain a part of all that I know
Left a sound of their souls in the air
I can hear it out there
And I know

Oh, they played
Feelings that won’t go away
Left the sound of their souls in the air
I can hear them out there and I know

They left them soul shadows all on my mind
On my mind, on my mind
They left them soul shadows all on my mind
On my mind, on my mind


砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

  • Mar 01 Fri 2013 15:04
  • 歌詞


港町绝唱

こんな私も 春には都会で
笑いころげて くらしてた
せまい部屋でも 小鳥を飼って
好きな男に もたれてた

北国行きの 列車に乗\って
流れる景色に 泣いたのは
夏から 秋の境い目で
すべてがかげる頃のこと
ああ 海峡に 日が落ちる

そして私は 無口になって
波の音きき 生きている
鴎ばかりが にぎわう海を
日がな一日 見つめてる 
落ち着き場所も まだ決めかねて
荷物もとかずに 部屋の隅
秋から冬へ 日が移り
死にたくなれば それもよい
ああ 海峡に 雪が舞う 
浮灯台が 身をもみながら
港のはずれに かすむのは
冬から春へとかけ足で
女の胸も とける頃
ああ 海峡に 風が吹く

舟唄 
お酒はぬるめの 燗(かん)がいい
肴(さかな)はあぶった イカでいい
女は無口な ひとがいい
灯りはぼんやり 灯(とも)りゃいい
しみじみ飲めば しみじみと
想い出だけが 行き過ぎる
涙がポロリと こぼれたら
歌いだすのさ 舟唄を

沖の鴎に深酒させてヨ
いとしのあの娘(こ)とヨ 朝寝する ダンチョネ

店には飾りがないがいい
窓から港が 見えりゃいい
はやりの歌など なくていい
時々霧笛(むてき)が 鳴ればいい
ほろほろ飲めば ほろほろと
心がすすり 泣いている
あの頃あの娘を 思ったら
歌いだすのさ 舟唄を

ぽつぽつ飲めば ぽつぽつと
未練が胸に 舞い戻る
夜ふけてさびしくなったなら
歌いだすのさ 舟唄を
ルルル‥‥


おかえりがおまもり

「よくかえったね ごはんできてるよ」
なつかしいその笑顏
なにひとつ 言わなくても
わかっててくれるひと
うまくいかず 明日が見えず
一度はすべてを
投げ出しそうになったけど
おかえり その言葉が
おまもり どんなときも
だいじょうぶって だいじょうぶって
わたしをささえてくれたから
どうしてもダメなときは
いつでもかえっておいで
あたたかい聲にまもられ
きっと步いて來れたんだと

こんなにも小さかったの
なつかしいこの川
こんなにもいつのまに
時は流れてたの
變わらないものはただ
岸邊の匈いと どこまでも續く空
ただいま 幼い頃の
わたしに 戾って行く
夢を見つけて 夢に向かって
未來しか見つめてなかったけど
いちばん近くにあった
あの日は氣づかなかった
この場所があったからこそ
きっと步いて來れたんだと

ただいま 聲に出せば
淚が あふれてくる
何度でも 何度でも
ありがとうってこころ伝えたいよ
おかえり いつの日にか
わたしも あなたにとって
さびしさも淚も全部
包む場所になれますよう
あたたかな この場所に今
心から ありがとう

酔歌
ぽつり ぽつりと 降りだした雨に
男は何故か 女を想う
ひとり ひとりで 飲みだした酒に
夢を浮かべて この胸に流す
ヤーレン ソーランよ 都会の隅で
ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を

風に 風にヨ 暖簾巻く風にヨ
遠い故郷(くに)のヨ 父親(おやじ)を想う
ふらり ふらりと 居酒屋を出れば
冬の近さが 心に吹くよ
ヤーレン ソーランよ 雨から霙(みぞれ)
ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を

ふわり ふわりと 降りだした雪に
この手当てれば おふくろを想う
詫びて 合わせる 右の手と左
酒が降らせた 男の涙
ヤーレン ソーランよ 積もり行く雪に
ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を

ヤーレン ソーランよ 積もり行く雪に
ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を

二日酔い

また昨日(ゆうべ)も    どこかで破目をはずし
また何なら    よけいなことをしたと
窓からさす    白い朝日に
もう酒などやめたと誓ってる

いつでもこうさ 酔いからさめて
くよくよ思う それがとても情ないよ

夕日が落ち いっぱいのんだ後は
もう何でも    この手で出来るようで
人柄まで    変わるようだよ
また今夜ものまずにいられない

ふくらまない     夢でも叶うような
愛されない    ひとでも抱けるような
信じていた    友が戻って
来るよな気持になって来る

いつでもこうさ 酔っているうちは
元気にあふれ こわいものは何もないよ
夕日が落ち いっぱいのんだ後は
もう何でも    この手で出来るようで
人柄まで    変わるようだよ
また今夜ものまずにいられない
また今夜ものまずにいられない

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()



・・・歌詞あるいは歌われざる詩・・・




2001/10/29《仮想状況》
 今回は「夜桜お七」である。作詞は林あまり,作曲は三木たかし,歌は坂本冬美である。
 まずこの歌の主人公,夜桜お七とはどういう女性であろうか?。以前の東映やくざ映画の女主人公,緋牡丹のお竜さん流の二つ名を持っているから,やくざに近い存在なのであろう。夜桜は,ライトアップされた夜桜の美しさを借り,また夜桜の坂本さんが黒地に白の桜の花を刺繍した着物姿(すてき!(笑))で歌っていたから,そういうビジュアル的なイメージで付けたのであろう。
 問題はお七のほうにある。これはおそらく八百屋お七の説話のイメージを借りたのである。その説話の基本設定は次のようなものである。
 江戸の本郷だか駒込だかの八百屋の娘お七は1682年12月の天和の大火で焼け出され,一家で菩提寺の円乗寺へ避難したが、そこで,お七はある美しい小姓(もちろん男)と出会う。その小姓の指に刺さった棘を抜いてやったのが縁になり,互いに思い合う仲になってゆく。翌年正月新しい自宅にお七一家は戻るが,お七はその小姓のことが忘れられずに悶々とし、火事になればまた会えると思い込み,自宅に放火(付け火)をする。ただし,火をつけたものの怖くなり,自ら火の見櫓に登って半鐘を叩き,その結果,実害のないボヤで消し止められたという。しかし,お七は放火の大罪(たとえボヤでも)で捕らえられ、取り調べの奉行がその若さを憐れんで年少者は罪一等を減じるという規定を使いたいと思い、お七に「その方は15であろう?」と謎をかけたが、純粋ないし世間知らずのお七はその意味を解せず「いいえ16でございます」と正直に答えるばかりで,ついに1683年3月鈴が森で火あぶりの刑にされた。見せしめのために遺体は三日間さらしものになったという。恋のためのいちずな行動だったこと、わずか十六歳の少女でありながら,火あぶりという極刑に処せられたことから江戸庶民の同情をかい、お七は 井原西鶴の「好色五人女」、紀海音の浄瑠璃「八百屋お七」,歌舞伎「お七歌祭文」などにまで登場することになったのだそうだ。
 また,円乗寺の本堂前に「俗名八百屋お七 妙栄禅定尼 天和3癸亥年3月29日」と刻まれた丸い小さな墓があり、今でも訪れる人は絶えないそうである。また,噂によると,恋愛に何より大切なのは恋する情熱だそうで,しかも,実は今の女性に一番欠けているのは、この情熱なのだそうである。そこで「お七の情熱」をいただきにおおぜいの女性がお参りに来るのだという。しかし,恋人に会いたいといって放火しちゃいかんのう。
 作詞の林あまりさんも,この「お七の情熱」のイメージを重ねたかったのだと思う。ただし,この歌には,フェミニストの嫌う「始めての男が忘れられなかった女」というお七説話の原型は含まれていない。あるいはお七の身体が,ファーストセックスから口淫矢のごとし,墓の上や本堂床下などデンジャラス・ゾーンにおける突発的,野獣的性交の失神性によって,その小姓を欲望したのかも知れないが,そういう観点はこの歌にはない。
 逆にこの女主人公は,男との離反に残る傷跡を味わいながら,その離反への未練を毅然として鮮やかに断念する女である。これは坂本冬美さんの歌う姿,面構えにもぴったりである。かっこいい!(笑)
 地を蹴って人生を歩む夜桜お七さんの「赤い鼻緒がぷつりと切れた」。ちょっとした人生の躓きだが,誰も助けてくれはしない。その男は去ったし,代わりの男もいないし,いや友さえもいないのである。「すげてくれる手ありゃしない」なのである。彼女は男に「置いてけ堀を」食らったが,それを瞬時に「けとばして 駆けだす」。たとえ裸足の足の「指に血がにじむ」とも。下駄なんかなくたっていい。そして,「血がにじむ」傷の痛さがむしろ気持ちいいのである。
 「いつまで待っても来ぬひとと 死んだひととは おなじこと」はもともと林あまりさんの短歌の一部だが,人間関係上の死(別離)と生理的な死(死別)は同じなのである。大好きな人の離反は,個人にとってその人の生理的な死に等しい。その対象喪失の傷跡を味わえ。しかし同時に,決然とその不在を断念せよ。この歌はそう歌っている。
 「さくら さくら」「さくら さくら はな吹雪 燃えて燃やした肌より白い花 浴びてわたしは 夜桜お七 さくら さくら 弥生の空に さくら さくら はな吹雪」は,美しい夜桜が,その毅然たる断念を成し遂げた主人公を賛美し,祝福しているのである。黒い背景に白い花が乱れ散る。それはあたかもシューベルトの「死と乙女」のように暗く噴出する賛美であり,祝福である。「燃えて燃やした肌より白い花」とはどういうことか?「燃えて燃やした肌」は上気して赤くなるはずではないか?だが,それが白いのは,たぶんこの主人公,夜桜お七の情熱が,そこに個人が充満してはいるが,直撃的に性器的なものであるからである。際どいが,性器が部分化しているのではなく,個人性が充満し一時的に突出した全体となっているのである。主人公は男と性愛している時にも,いつでもひとり,個人であることを全面的に忘れたことがなかった。燃えても燃えても「白い」肌のままの性交とは,白く寒い雪山での,たがいに孤絶して性器だけが露出して燃えたぎっているドギィスタイルの性交にも似ているのだろうか?(知らんけど(笑))。
 「口紅をつけてティッシュをくわえたら 涙が ぽろり もうひとつ ぽろり」。口紅をつけると,男が「熱い唇おしあててきた あの日」を思い出す。しかし,その「あんた」は「もういない」。涙は悲しみの放出だが,ただの放出ではなく,それは塩辛い傷跡の味わいなのである。主人公は「たいした恋じゃなかったと」「肩」を「すくめる」。その「肩に風が吹く」。まあいいか,性愛なんかそんなようなものだわと再び離反への未練を断念する。それは剣術使いの若衆姿の女性のように凛々しいのである。そしてまた桜が夜を乱れ散って,主人公を賛美し,祝福するのである。所詮性愛などというものは,「抱いて抱かれた 二十歳の夢のあと」。自立する女にとっては,性愛は巨大な個人の世界の出店で,抱いたり抱かれたりする年齢相応の一陣の「夢」のようなものなのである。
 漫画「ガラスの仮面」でも八百屋お七は取り上げられているらしい。ライバルのバレリーナ,亜弓とマヤ。亜弓は,燃え上がる火の動き,火のリズム,火のイメージを新体操で演じようとし,マヤは「会いたい、会いたい、せめてもう一度だけ。火事さえおこれば、もう一度おまえに会える。たとえどんな罪を犯しても、会いたい。会いたい会いたい、おまえに…。」と念じて心の火を演じようとしたのだそうだ。そして月影という指導者に,「マヤ。今の八百屋お七、アナタの目には恋の狂気がなかった。…観客が舞台に引きつけられるのは、そこに本物の香りがあるからです。本物の恋をしなさい。」と説教されたのだそうだ。だが,個人を根こそぎ失うような「本物の恋」など,自立せんとする個人にとってははた迷惑なだけなのである。夜桜お七さんは個人を決して失わない。いつでも「さよならあんた」と言う気概を持っている。夜桜お七さんは,生者必滅会者定離への毅然たる断念に支えられて,男女の暫時遭遇の夢に生きているのである。八百屋お七から情熱だけを切り取ってはいけないのだ。いやむしろその愚かさを学ぶべきなのである。

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

  • Dec 11 Tue 2012 11:47
  • 霧笛

霧笛がすすり泣く 海沿いのホテル
これが最後の旅と決めたはずなのに
やめて そんなにやさしく
抱きしめないで 別れに
後ろ髪引くような
そぶりはよして

夜明けを告げて飛ぶ 海鳥の悲鳴
愛し疲れた胸に ひりひりと痛い
あなた 別れの乾杯
最後のグラス空けましょう
ありがとう 今日まで
夢の数々

あなた 私を許して
グラスの毒は愛なの
どなたにも あなたを
あなたを
渡せないから・・

砂山 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()

夜風に誘われ
酔いどれ船が 今日も出てゆく
女がひとり 漕ぐにはつらい
苦い海だよ
おねがい抱きしめて
心が凍えるわ
酒の力で 夢さえ叶いそう
砂の船です

優しさだけでは
どうにもならない 恋の道行き
からんでみても 相手がいない
こおり酒だよ
おねがい抱きしめて
もいちど逢いたいの
ふられ上手か いつでも残される
砂の船です

思い出めぐりの
酔いどれ船は どこへ着くやら
出船のたびに 傷口ふやす
紅い海だよ
おねがい抱きしめて
躯が恋しがる
舵もとれずに いまにも沈みそう
砂の船です

浜辺に 打ち上げられた
わたしの肩から
陽がのぼるわ

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

地上の星


风(かぜ)の中(なか)のスバル
风中的昴星团

砂(すな)の中(なか)の银河(ぎんが)
沙里的银河

みんなどこへ行(い)った
它们都去哪儿了

见送(みおく)られることもなく
也不见它们送别

草原(そうげん)のペガサス
草原上的珀伽索斯

街角(まちかど)のヴィーナス
街角处的金星

みんなどこへ行(い)った
它们都去哪儿了

见守(みまも)られることもなく
也不见有人守护

地上(ちじょう)にある星(ほし)を
地上的那些星星啊

谁(だれ)も覚(おぼ)えていない
已经没有人能记得

人(ひと)は空(そら)ばかり见(み)ている
人们都只仰望着天空

ツバメよ地上(ちじょう)の星(ほし)は今(いま)どこにあるのだろう
燕子啊,地上的那些星星现在到底在哪儿

崖(がけ)の上(うえ)のジュピター
悬崖上的木星

水底(すいてい)のシリウス
水底的天狼星

みんなどこへ行(い)った
它们都到哪儿去了

见守(みまも)れることもなく
也不见有人守护

名立(なだ)たるものを追(お)って
追逐声名

辉(かがや)くものを追って
追逐荣耀

人(ひと)は氷(こおり)ばかり掴(つか)む
人们都只抓住那些冰冷的东西

ツバメよ高(たか)い空(そら)から教(おし)えてよ
燕子啊,你在高高的天空告诉我

地上(ちじょう)の星(ほし)を
那些地上的星星们

ツバメよ地上(ちじょう)の星(ほし)は今(いま)どこにあるのだろう
燕子啊,告诉我如今它们都在哪儿

名立(なだ)たるものを追(お)って
追逐声名

辉(かがや)くものを追って
追逐荣耀

人(ひと)は氷(こおり)ばかり掴(つか)む
人们都只抓住那些冰冷的东西

风(かぜ)の中(なか)のスバル
风中的昴星团

砂(すな)の中(なか)の银河(ぎんが)
沙里的银河

みんなどこへ行(い)った
它们都去哪儿了

见送(みおく)られることもなく
也不见它们送别

ツバメよ高(たか)い空(そら)から教(おし)えてよ
燕子啊,你在高高的天空告诉我

地上(ちじょう)の星(ほし)を
那些地上的星星们

ツバメよ地上の星は今どこにあるのだろう
燕子啊,告诉我如今它们都在哪儿

片假名解释
スバル:出自表示聚在一起成为一体之意的(统る)。昴,昴星团。金牛座中的疏散星团普勒阿德斯的日本名称。二十八宿之一。

ヴィーナス:金星。

ペガサス:珀伽索斯。希腊神话中的飞马。从被斩首的女妖墨杜萨的肩部伤口中跳出来的神马。它把雷电送到宙斯那里。

ジュピター:木星。


以上完全是在下一字字翻译并打出来的。累死了。有不当之处请各位高人指出。
回答者: 楚秀才 | 四级

砂山 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()