米歌手マイケル・ジャクソン(47)が5月31日、都内でフジテレビ「SMAP×SMAP」(月曜午後10時)の収録に飛び入り参加し、SMAPと初共演した。バラエティー番組出演は初めてという。SMAPには秘密にされていた。5人が新曲のカップリング曲「buzzer beater」を歌っている途中に突然、マイケルがスタジオ入り。中居正広(33)は興奮して「司会ができない」。香取慎吾(29)は大笑い。木村拓哉(33)は「六本木のそっくりさんじゃないか?」。稲垣吾郎(32)草なぎ剛(31)も拍手で大喜びした。マイケルは「ぼくを受け入れてくれてありがとう。みなさんの歌は素晴らしい」と話した。放送は5日。マイケルはMTVビデオ・ミュージック・アワーズ・ジャパン授賞式出席のため26日に来日。番組出演後の深夜には、東京・有楽町の家電量販店を再訪し、2夜連続で買い物も楽しんだ。
(日刊スポーツ) - 6月1日9時54分更新

マイケル・ジャクソン、パチンコに大はしゃぎ

 来日中の米歌手マイケル・ジャクソン(47)が29日夜、東京・渋谷のパチンコ店「マルハン」に来場した。

 関係者によると、マイケルが姿を見せたのは閉店後の午後11時すぎ。あっという間に人だかりができ、パトカーも出動する大騒ぎになったが、貸し切り状態の店内でマイケルはパチンコ台に大はしゃぎだったという。

 この日は夕方まで都内のホテルに滞在。夜は青山の高級仏料理店でプライベートパーティーを開催。YOSHIKI(40)や観月ありさ(29)、玉山鉄二(26)、叶姉妹など約100人が来場した。モナコでのパーティーで会っているという叶姉妹は「すてきでした」といい、会場を後に。YOSHIKIはマイケルから「話をしたい」と呼び止められ、会話を弾ませたという。
(スポーツ報知) - 5月30日10時19分更新

マイケルがビックカメラ来店

 来日中の米歌手マイケル・ジャクソン(47)が30日夜、千葉県浦安市の東京ディズニーランドを訪れた。

 都内のホテルから3人の子供を連れ、真っ赤なジャケット姿で午後6時半すぎに到着。一般客の玄関口ではなく地下通路から敷地内へ入ると、屈強なスタッフに囲まれながら、マスク姿の子供たちの手を引いてお気に入りのアトラクションへ。最初は最も好きな「ピーターパン空の旅」。空飛ぶ海賊船に乗り込み、自身が手放した豪邸のモチーフである“ネバーランド”へ旅立つ内容に大はしゃぎだった。その後も「プーさんのハニーハント」「カリブの海賊」などを楽しんだ。

 午後10時50分には東京・有楽町「ビックカメラ」にお忍びで来店。電化製品を衝動買い?していた。

マイケル 子供たちに「愛シテル」

Photo
マイケル・ジャクソンは、自分の子どもたち(手前)には仮面をつけさせて登場した=東京・北区の養護施設
 
 子供たちにアイシテル-。8年ぶりに来日中の歌手マイケル・ジャクソン(47)が28日、自身の3児とともに東京・北区の養護施設「星美ホーム」を慰問に訪れた。同施設の160人の子供たちから大歓迎を受けたマイケル一家は終始にこやかな表情。サインや記念撮影にも気軽に応じ、最後は日本語で「アイシテル」とメッセージを送っていた。
 最愛の3児が日本初披露された。長男・プリンス(9つ)、長女・パリ(8つ)、二男・プリンス2世(4つ)の子供たちと施設を訪れたマイケル。“お約束”のアイマスク姿の子供たちは、蒸し暑いのか時折マスクと肌の間に空気をパタパタと入れていた。
 施設の外ではマイケルをひと目見ようとファンが殺到、一家を乗せたワゴン車が一時動けなくなったほどだった。しかし、そんな騒動はものともせず、マイケルはリラックスした表情で子供たちの文化琴や日本舞踊「藤娘」を楽しんだ。じゃれてくる子のほおをなでるなど“子供好き”らしいサービスぶり。3人の子はパパの隣に座り、にぎやかな様子を見守った。
 出し物が終わると、マイケルはステージに上がって子供たちを手招きし、全員で記念撮影。その後はサイン、握手攻めに遭い、うれしい悲鳴を上げた。壇上では「サンキュー、アイ・ラブ・ユー。アイシテル」と日本語を交えて感謝の気持ちを表していた。
 施設には2-18歳の160人が在籍。26日に三戸清子園長(77)に正式にマイケルが訪れるという旨が伝えられた。子供たちや職員も半信半疑だったが、約束は果たされた。しかも、マイケルはおもちゃのプレゼントを持参。お返しにピカチュウの折り紙をプレゼントした子もいたそうで、これにはマイケルも大喜びだったという。約30分の滞在だったが、子供たちには最高の思い出となった。三戸園長は「子供たちを喜ばせてくれてありがとう」とスーパースター一家に感謝した。

マイケル ホントに来ちゃった!!

Photo
「LEGEND AWARD」を受賞したマイケル・ジャクソンはトロフィーを手にほほ笑む=東京・代々木第一体育館
 
 本当に来ちゃった!!数々の奇行でも知られる米人気歌手、マイケル・ジャクソン(47)が27日、東京・渋谷区の代々木競技場第一体育館で行われた「MTV ビデオ・ミュージック・アワード・ジャパン2006」に出席した。子供への性的虐待罪などに問われ昨年6月に無罪判決を受けて以来、初めて公の場に姿を見せたマイケルは、予定より2時間遅れての会場入り。約100人のファンらに手を振りながらレッドカーペットを通って会場に入った。
 黒いパンツとジャケットといういでたちが、マイケルの“白い素肌”を際立たせていた。予定より2時間近く遅れた午後6時40分ごろにレッドカーペットに登場。リムジンから降りると、大歓声に一瞬耳を手でふさいでみせたものの、大歓迎に気をよくしたのか、「マイケル最高!」「白ーい」などと思い思いの声援を口にするファンと握手を交わした。
 公の場に出てきたのは児童虐待裁判で無罪評決を受けて以来約1年ぶりとなったマイケルだが、8年ぶりの来日交渉はMTV関係者の上層部が極秘で進め、「当日、来場するか、登壇するか、会見に出席するかは本人次第」という取り決めまであったという。
 最近は滞在中のバーレーンで女装した姿が目撃されたり、「ネバーランド」の従業員への賃金未払い問題が発生するなど、相変わらずのトラブルも発生。そのため現場レベルでは直前まで「本当に来るのか?」と疑問視しており、ファンにも「登場は不確定です。本人次第なんです」とアナウンスしたほど。
 授賞式では「レジェンド・アワード」を受け取り「世界中の、そして日本のファンに感謝します」と声を詰まらせる一幕もあった。当初から歌う予定はなく、前方にせり出したステージを一周して声援に応えた。
 気になるのは今後の動きだが、児童養護施設への訪問や観光などが予定されているとみられ、しばらくの間、日本に滞在するとみられている。

全站熱搜

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()