場所・説明 最寄り駅
1 二重橋と皇居外苑

二重橋は江戸城西の丸下下乗橋と呼ばれていた。橋桁が二重の構造になっていたため二重橋と呼ばれるようになった。また、皇居外苑は老中の役屋敷が軒を連ねていた。今、皇居外苑は広々として多くの人に親しまれている。
【千代田区千代田】
地下鉄
二重橋前
2 千鳥ヶ淵から日比谷

千鳥が淵は東京の中でも特に桜が美しい。しばらく歩くと、半蔵門にいたり、かつて服部半蔵の屋敷が付近にあったので名が付いたと言われている。
【千代田区日比谷公園】
地下鉄
九段下
3 東京駅と丸ビル街

東京駅はアムステルダム中央駅を模して、辰野博士の設計により大正3年(1913)に完成。
【千代田区丸の内】
東京駅
4 国会議事堂

大正9年から17年の歳月をかけ完成。右が参議院、左が衆議院である。
【千代田区永田町】
地下鉄
国会議事堂
5 日比谷公園

 江戸時代は北から長州萩藩毛利家、肥前佐賀藩鍋島家など8家が所在していた。明治維新により屋敷を取り払い広大な練兵場であったが、明治36年(1903)に日本最初の洋式庭園として完成した。
【千代田区日比谷公園】
地下鉄
日比谷駅
6 皇居東御苑

 江戸城の本丸と二の丸を中心とした場所で、石垣、門、櫓、天守台などの旧跡を保存しながら公開されている。
【千代田区千代田】
地下鉄
大手町駅
7 神田明神・湯島聖堂・ニコライ堂

江戸情緒あふれる界隈です。
【千代田区】
お茶の水駅
8 銀座道り

銀座のメインストリート
【中央区銀座】
地下鉄
銀座駅
9 日本橋

 慶長8年(1603)江戸城の東側、江戸前島と呼ばれていた豊嶋洲崎が神田山を切り崩して埋め立てられた。掘割りの水路は埋め残して日本橋川と名付けられ、初めて日本橋が架橋された。そして、東海道の起点となった。
【中央区日本橋】
地下鉄
日本橋
10 浜離宮庭園

 代表的な江戸時代の大名庭園。寛永の頃までは将軍の鷹狩り場、承応3年(1654)甲府宰相徳川綱重の庭園となり、その後、世嗣の家宣が浜御殿として、現在の景観を作り上げる。都内では唯一の海水を引いた潮入池を中心とする回遊式臨海庭園と二つの鴨場をもち、潮入の池の岸と中島を結ぶ、京都の八つ橋を模したお伝い橋など風趣に飛んでいる。
【中央区浜離宮庭園】
地下鉄
新橋
11 水天宮

 久留米藩主有馬氏の江戸上屋敷の分社が日本橋水天宮で安産と水難よけの神として有名であり、壇ノ浦で滅んだ平家の霊を祀るため創建され根本社は久留米市の水天宮、主神は安徳天皇
【中央区日本橋蠣殻町】
地下鉄
水天宮前
12 歌舞伎座

歌舞伎の殿堂として明治22年にこけら落としを行った。
【中央区銀座】
地下鉄
東銀座
13 増上寺と東京タワー

 天正18年(1590)、関八州の新領主として徳川家康公が江戸に入府すると、時の住職12代存応上人に親しく帰依し、師檀の関係が出来、徳川家の菩提寺となり、現存する徳川家墓所は、門が本来家宣公の墓前にあった鋳抜き(鋳造)の唐門で内部に各公の石塔と各大名寄進の石灯籠が配置されています。
 江戸時代は、他に浄土宗の総録所として宗学宗制を統括し、関東18檀林の首座として、境内20万坪、防中寺院48宇の大寺院であった。
 東京タワーは昭和33年完成の総合電波塔
【港区芝公園】
地下鉄
芝公園
14 迎賓館

 外観はバッキンガム宮殿、内部はベルサイユ宮殿を模して、旧赤坂離宮を修復して昭和49年に完成。江戸時代は紀州徳川家の上屋敷があったところである。
【港区元赤坂】
地下鉄 JR
四ツ谷
15 泉岳寺

曹洞宗の江戸三か寺の1つ、大石内蔵助の銅像を過ぎ境内にはいると、浅野長矩と赤穂義士の墓所が有り、義士館には鎖帷子、愛用の日用品等の遺品がある。
【港区高輪】
地下鉄
泉岳寺
16 新宿御苑

 江戸時代に信州高遠藩内藤家の下屋敷のあった場所、日本式庭園は下屋敷時代のものを継承しています。かつては玉川園と呼ばれていて、屋敷東側を流れていた玉川上水よりの余り水や渋谷川の水を引いて、池や滝を作り、築山、谷の有る十の景勝地が作られていました。樹齢四百年を誇る巨木もあり興趣がつきない。
【新宿区内藤新宿】
地下鉄
新宿御苑前
17  新宿超高層ビルと新宿中央公園

淀橋浄水場の跡地に副都心として建設された。
【新宿区西新宿】
新宿駅
18 神宮外苑

 大正15年、明治神宮造営に際して、陸軍の青山練兵場等50万㎡を民間の献金によって外苑として造成された。各種スポーツ施設と明治天皇の業績を讃える聖徳記念絵画館がある。
【新宿区霞岳町】
地下鉄
外苑前
19 湯島天神

 文和4年(1355)湯島の住民によって霊夢により菅原道真公を祀った事により始まる。学問の神様として受験に御利益がある。
【文京区湯島】
地下鉄
湯島
20 六義園

 柳沢吉保が元禄8年(1695)、5代将軍徳川綱吉より拝領し7年余にわたる工事で完成。大芝生地に、巨大な中島石組みを施し、築山にクマザサの大刈込みを用い、滝を落とすなど、吉保自らが中国の詩経大序にある六義になぞらえて作園、88境を数える。明治になり岩崎弥太郎の別邸となり修復した。
【文京区本駒込】
地下鉄
駒込
21 小石川後楽園

 水戸徳川家に寛永4年(1625)将軍家から小石川の邸地を下賜され中屋敷とし、初代藩主徳川頼房が大徳寺左兵衛に命じて作園、二代光圀の時に完成した。回遊式築山泉水庭園、クマザザの築山を築き、滝を落とし、大井川の景を縮し、明の朱舜水が参画し円月橋、西湖の堤など中国の風物も取り入れられている。
【文京区後楽】
飯田橋駅
22 東大赤門と安田講堂

 加賀藩主前田斉泰が将軍家より夫人を迎えるため、文政11年(1828)に作られた御守殿門で、御守殿とは三位以上の大名に嫁いだ者への敬称で、再建が許されない格式があった。
【文京区本郷】
地下鉄
本郷三丁目
23 浅草寺と仲見世

 推古天皇36年(628)宮古川(今の隅田川)で投網漁をしていた檜前浜成、竹成兄弟が、1寸8分の聖観音黄金像を引き上げ土師直中知が像を迎え私邸に寺として安置したのが寺の起こり。大化元年(645)、諸国巡錫中の勝海が堂宇を建立し、本尊を安置し、秘仏と定めてから今日まで秘仏を目拝したものはいないと言います。
【台東区浅草】
地下鉄
浅草
24 上野公園

 江戸時代は東叡山寛永寺の山内、明治維新の際の彰義隊の戦いで殆どの伽藍を焼失、現在は美術館、博物館、動物園などからなる公園。
【台東区上野公園】
JR上野駅
25 隅田公園

 江戸時代は水戸徳川家の下屋敷で小梅御殿と呼ばれていた。将軍家からこの地を拝領したのは元禄6年(1693)、三代藩主綱條公の時である。西は隅田川、南は北十間側に面し、現在の向島1丁目の大半を占め2万坪余りの面積であった。
 小石川本邸の別邸として従者の蔵奉行、水主、鷹匠の住まいとして使われ、また、船蔵や材木が置かれていた。
 明治になり水戸徳川家の本邸が置かれ、昭和6年に帝都復興計画により公園として開園した。
【台東区浅草周辺】
地下鉄
本所吾妻

26向島百花園

文化元年(1804)に佐原鞠塢により向島の百花園が開かれ、ここに集まる太田南畝が中心に文人墨客の趣味豊かな作園となっている。さらに、園主鞠塢は福禄寿の陶像を愛蔵しており、文人達が福禄寿にちなむ正月の楽しみはないものかいとう話になり、隅田村多聞寺の毘沙門天、須崎村長命寺の弁財天、小梅村三囲寺の恵比寿・大黒、須崎村弘福寺の布袋尊、そして、白鬚神社を寿老人にたとえて隅田川七福神が出来上がりました。
【墨田区東向島】
東武
伊勢崎線
東向島
27 清澄庭園

元禄年間、紀伊国屋文左右衛門屋敷。享保以降は下総関宿藩久世家の下屋敷となり庭園の基が作られました。
 明治になり岩崎弥太郎、弥之助が築園し、全国の名石を産地から集めて配した。当初は隅田川の潮水を引き入れた回遊式林泉庭園であり干満により景観が変化した。明治時代の庭園を代表しています。
【江東区清澄】
地下鉄
門前仲町
28 亀戸天神

寛文2年(1662)管原家の末裔の神官菅原大鳥居信祐公が九州の太宰府天満宮の神木飛梅の木で菅原道真公の像を刻み勧請、地形を始め、社殿、楼門、太鼓橋など境内の結構を全て太宰府の社に習った。以来江戸庶民の天神信仰の中心となっている。
【江東区亀戸】
JR亀戸
29 清洲橋と新大橋

清洲橋はドイツケルン市のライン川に架かる橋をモデルに昭和3年に完成した。また、新大橋は昭和52年に完成し、墨田川に架かる橋のなかでも隣り合っているこの橋は最も趣がある。
【中央区日本橋中州など】
地下鉄
人形町
30 品川神社

文治3年(1186)源頼朝が海上交通の安全と、祈願成就の守護神として、安房国州崎神明のアメノヒリノメノミコトを勧請し、品川大明神と称した。 文明10年(1568) 太田道灌がスサノオオノミコトを勧請し天王祭りが始まる、品川宿の鎮守である。
【品川区北品川】
  京浜急行
新馬場
31 大井埠頭中央公園とモノレール

 都の海上公園で水辺のレクリエーションの場として、スポーツや野鳥の観察が出来る。
【品川区八潮】
モノレール
大井競馬場前
32潮風公園

東京港を航行する船を眺めながら楽しく利用できる海浜公園。
【品川区東八潮】
新交通
船の科学館
33 目黒不動尊

天台宗の古刹、大同3年(808)慈覚大師の開山。元和元年(1615)火災で焼失したが、寛永元年(1624)三代将軍家光が再建し、鷹狩りの本陣をこの寺に置いて以来、歴代将軍の保護を受け、寺運も栄えた。
寺は台地の突端にあり、景勝に恵まれ江戸時代より庶民の信仰と行楽地として人気があった。
【目黒区下目黒】
東急目蒲線
不動前
34 大円寺と石仏群

寛永年間(1624~44)に大海法印が大日如来を出羽の湯殿山から勧請したことに始まり、本尊は鎌倉時代の釈迦如来像。境内北側斜面には明和9年(1772)大火の焼死者供養の491体の五百羅漢像が安置される。
【目黒区下目黒】
JR目黒
35 本門寺五重塔

日蓮上人入滅の地で、池上台地の広大な山内を持ち、五重塔の他に10指に余る堂塔が立っている。
【大田区池上】
東急池上線
池上
36羽田空港

昭和6年に逓信省羽田飛行場として開かれた。
【大田区羽田空港】
モノレール
羽田空港
37田園調布から多摩川台公園

大正7年(1918)に渋沢栄一が、欧米の田園都市に倣って開発した。多摩川台公園は亀甲山古墳等を始め老木が多い。
【大田区田園調布】
東急東横線
田園調布
38等々力渓谷

都内住宅地に残る唯一の渓谷で、等々力不動など景勝地です。
【世田谷区等々力】
東急
大井町線
等々力
39駒沢オリンピック公園

オリンピック東京大会の第2会場の跡地で、総合運動公園になっている。
【世田谷区駒沢公園】
東急
新多摩川線
駒沢大学
40 世田谷代官屋敷

 彦根藩井伊家の世田谷領代官大場氏の屋敷で、宝暦3年(1753)建築の母屋と表門は国の重要文化財。
【世田谷区世田谷】
東急
世田谷線
上町
41 明治神宮

祭神は明治天皇と昭憲皇太后である。江戸時代には彦根藩下屋敷であった、明治神宮は大正4年に建設地になり、全国からの十万本余りの献木で「代々木の森」になった。
【渋谷区代々木神園町】
  JR原宿
42代々木公園と表参道

東京オリンピックの選手村跡を都立公園とし、森林地区と運動施設・広場地区とからなる。表参道は東京のシャンゼリゼと言われる。
【渋谷区代々木神園町など】
JR原宿
43新井薬師

天正14年(1586)、北条氏の家臣梅原将監が出家し行春と称して、草庵を開いたのに始まる。本尊の薬師如来は弘法大師の作と伝えられ。古くから子育薬師、治眼薬師として信仰されてきた。
【中野区新井】
西武
新宿線
新井薬師前
44哲学堂

明治39年(1906)に東洋大学の創始者・井上円了博士が精神修養の場として創設した。園内には四聖堂、六賢台、宇宙館など哲学にちなんだ施設がある。
【中野区松が丘】
バス
哲学堂
45善福寺公園

湧水の善福寺池を中心とした樹木の多い公園、伝説・史跡が多い
【杉並区善福寺】
バス
善福寺
46サンシャインシティと都電

かつての東京拘置所跡に建設された超高層ビルと東京唯一の都電
【豊島区東池袋】
JR池袋
47 雑司ヶ谷鬼子母神

法名寺の鬼子母神堂で、寛文6年(1666)、金沢藩主前田綱紀の息女で、安芸藩主浅野吉長公夫人の寄進・建立による。
【豊島区雑司ヶ谷】
都電荒川線
鬼子母神前
48 飛鳥山公園

江戸時代、八代将軍吉宗は庶民が存分に花見を楽しめるように桜の若木1,270本を植えさせて開放した。以後、桜の名所として広重の浮世絵などに描かれている。明治6年に日本で最初の公園に指定された。
【北区王子】
JR王子
49 旧古河庭園

武蔵野台地の高低を巧みに利用した、大正期の名庭園、洋館、洋式庭園はコンドルの設計による。また、心字池を中心に日本庭園もある。陸奥宗光から古河家に引き継がれ、昭和31年都の有料公園となった。
【北区西ケ原
JR上中里
50荒川自然公園

下水処理場の上を利用して、土を盛って造られた公園。
【荒川区荒川】
都電荒川線
荒川2丁目
51東京大仏

赤塚山乗蓮寺にある青銅製の大仏、高さ13m。
地下鉄
西高島平
52石神井公園と三宝寺池

三方を丘陵に囲まれ、石神井城址と沼沢植物群落がある。
西武池袋線
石神井公園
53西新井大師

天長3年(826)弘法大師の創建、境内に山門、本堂、三重の塔、鐘楼等の伽藍が立ち壮大です。また、ボタンの名所として知られています。
東武大師線
大師前
54柴又帝釈天

日蓮上人自刻の帝釈天像を安置している、帝釈堂、祖師堂、開山堂、鐘楼等が重厚であり、作園師永井楽山作の庭園邃渓園を回廊から鑑賞できる。
京成金町線
柴又
55水元公園

水郷情緒豊かな公園、大芝生広場があり、菖蒲園は5万本、150万㎡の大公園である。
バス
水元公園
56小松川境川親水公園

都会の中の全長3.2㎞の大規模公園、子供の水遊び場などがある。
JR小岩より
バス
57高尾山

高尾山薬王院中心とした関東霊場の1つ、本堂、権現堂、仁王門等をぬけると「十三州見晴台」と呼ばれる山頂に着く。
京王線
高尾山口
58普済寺

文和2年(1353)立川宮内小輔宗恒の建立で臨済宗の古刹、立川氏の菩提寺であったが滅亡後、居館跡に移築した。裏には土塁の跡が残っている。
JR立川から
バス
59成蹊学園の欅並木

学園の正門から600m続く並木
JR吉祥寺
60井の頭恩賜公園

井の頭池と御殿山を中心とした自然林に囲まれた公園、自然文化園、水族館などがある。
JR吉祥寺
61御殿山と御岳渓谷

御岳山は奥多摩を代表する山であり、渓谷沿いに4㎞の遊歩道がある。
JR御岳
62塩船観音寺

大悲山と号し、大化年間若狭の八百比丘尼が東国巡錫の折り、千手観音像を安置したのが始まりと伝えられる真言宗の古刹。阿弥陀堂、仁王門は国の重要文化財。
JR東青梅バス
塩船観音入口
63大国魂神社と欅並木

大国魂大神を祀り、大化年間に武蔵野の国の国府が開設されると、国内六所の神社を合祀し信仰を集めた。欅並木は源頼義・義家父子が奥州安部一族制定の祈願をして、鎮圧後、康平5年(1062)に欅の苗1000本を奉納したのに始まる。
京王線
府中
64拝島公園

公園内にある「千歳の藤」は樹齢800年で、都の天然記念物。
JR拝島よりバス
65深大寺と神代植物公園

天平5年(733)満功上人が開創した、天台宗の古刹、重要文化財の釈迦如来倚像、梵鐘がある。門前は深大寺そばが有名で、植物公園は散歩しながら植物に関する知識が得られるようになっている。
京王線調布
バス深大寺
66薬師池公園

町田市立の丘陵に囲まれた薬師池を中心とした公園。梅林と菖蒲が美しい。
小田急線町田
バス薬師池
67小金井公園

武蔵野の面影を残す公園2,000本の桜の名所
JR武蔵小金井
バス
68玉川上水沿い自然遊歩道

散歩、サイクリング、ハイキングに最適の緑道。
西武
国分寺線
鷹の台
69高幡不動

高幡不動は山号を高幡山明王院と言い、成田山(千葉県)、大山(神奈川県)と共に関東3不動に数えられる。大宝年間(701-704)の建立と伝えられている。
 不動堂は清和天皇の勅願により慈覚大師が関東鎮護の霊場として山中に建立しましたが、康永元年(1342)山中より現在地に移築、単層屋根入母屋作りで銅板葺き、仁王門は3間一戸楼門で入母屋造り銅板葺き。
京王線
高幡不動
70北山公園

水を主題にした公園で花菖蒲が有り、四季折々の美しさがある。
西武新宿線
東村山
71国分寺と国分寺跡

武蔵国分寺は天平13年(741)、聖武天皇の勅願に諸国に建立された1つでする。各所に散在する礎石から、金堂、講堂、七重の塔など七堂伽藍を備えた、全国最大規模を誇っていた。しかし、元弘3年(1333)新田義貞と鎌倉の執権北条高時が分倍河原で戦った時に戦禍により総て焼失した。
JR国分寺
72大学通りと谷保天満宮

大学通りは桜の名所、谷保天満宮は関東三天神の1つで、梅林は早春が見頃です。
JR国立
73田無山総持寺

5,700㎡の境内に天保13年建立の本堂、客殿、杉書院、妙見堂を備えている。
西武新宿線
田無
74東伏見稲荷神社

昭和4年京都の伏見稲荷神社より分神を祀り社殿を創建し勧請したもの。歴史は浅いが東国唯一の分霊地なので参拝者が多い。
西武新宿線
東伏見
75新堀橋付近の玉川上水

玉川上水は羽村から多摩川の水を四谷大木戸まで引いた掘割りで、新堀橋付近は遊歩道に沿って歩くと美しい。
JR福生
76多摩川五本松

多摩川の堤に十数本の松が茂り、眺望が美しい。
小田急線
狛江
77多摩湖

正式には村山貯水池で狭山丘陵の浸食谷を利用した、上下二段式の水道用貯水池。春は桜、秋は紅葉が美しい流
西武多摩湖線
西武遊園地
78志木街道のけやき並木

新緑の4月頃が美しい。
西武池袋線
清瀬
79竹林公園

珍しい竹の公園、湧水があり子供の遊び場に最適。
西武池袋線
東久留米
80野山北公園

緑の保護と市民の健康づくりを兼ねた市立公園。
JR箱根ヶ崎
バス横田
81天王森公園から多摩ニュータウンと富士山

多摩市と稲城市の尾根にある公園、富士山の眺望が素晴らしい。
京王線
聖蹟桜ヶ丘
82弁天洞窟

草厚山威光寺の丘陵に掘られた、横穴式古墳跡、内部には弁財天、大黒天等が祀られ、土に掘られた大蛇がある。
京王線
京王よみうりランド
83六枚屏風岩

秋川丘陵の、側面が削れ、土の柱が立ち並び、屏風の折れ目のように見えるところからこう呼ばれ居ています。都の天然記念物で、近くに秋川の清流が、水遊びと釣りが出来る。
JR武蔵引田
84羽村の堰

承応3年(1654)徳川家綱の時代に、江戸の水不足を解決するため、松平伊豆守を水道奉行に、武州羽村の清右衛門、庄右衛門両名に普請を命じ完成した。羽村から四谷大木戸に至る玉川上水の取水口で、今も区内上水道の取水堰として重要な役目をしています。
JR羽村
85六道山

狭山丘陵の一角で山頂まで遊歩道が完備されている。
JR箱根ヶ崎
86日の出山

標高902m、御獄山ハイキングコースの経由地点。
JR
武蔵五日市
87秋川渓谷

釣りや水遊びなど四季を通じて家族で楽しむことが出来ます。
JR武蔵五日市
バス松尾
88奥多摩湖

昭和32年に完成した水道用の人造湖、北岸は郷土資料館から奥多摩周遊道路あり観光地となっている。
JR奥多摩
バス奥多摩
89払沢の滝

北秋川の支流払沢にある滝、4段からなり60mの落差がある。秋は紅葉、冬は凍結し美しい。
JR武蔵五日市
バス払沢の滝入口
90~100 [大島、三原山、波浮港]、[八丈島、登龍峠の展望]、[利島、南ヶ山展望台]
[新島、羽伏浦海岸]、[新島、カンビキ山]、[神津島、天上山の展望]
[三宅島、ひょうたん山]、[御蔵島、御代ヶ池]、[青ヶ島、大凸部]、[小笠原、南島]

全站熱搜

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()