5日急逝した緒形拳さんは、悲喜劇を同時に体現できる数少ない俳優だった。数々の映画に焼き付けてきた独特の演技には、観客が簡単に飲み下せない骨太さがあった。

 新国劇で上演された後に映画化された「遠い一つの道」でスクリーンデビュー。新人王の座を目指す学生ボクサーの役だった。ぎらぎらした瞳の奥にあったのは同世代の人々と同様、少年期に味わった飢えの記憶だったのかもしれない。

 1960年代後半からは、社会に巣くう悪や市井に生きる人々の悲劇を描いた社会派作品で名声を確立。松本清張原作、野村芳太郎監督の「砂の器」で好人物の警官に扮し、「鬼畜」では愛人に生ませた子どもたちを手にかける小心な男を絶妙なバランスで演じた。

 佐木隆三さんのノンフィクション小説を原作にした「復讐するは我にあり」では、殺人を繰り返して逃亡する冷血な人物を、人間味をのぞかせながら表現した。

 2000年以降も「歩く、人」「長い散歩」などで海外で評価された作品に主演。ごつごつしながら、ひょうひょうとした魅力を持つ緒形さんは、日本映画にとってなくてはならない存在だった。

緒形拳さん、「風のガーデン」が遺作に記事を印刷する

2000年10月、紫綬褒章受章の喜びを語る緒形拳さん(共同)
 死去した俳優の緒形拳さんは、最期まで演技への執念を燃やし続けた。終末医療に取り組む老医師を演じ、9日からフジテレビ系で放送される連続ドラマ「風のガーデン」が遺作となった。

 人間の生と死をテーマにしたこの作品は、9月28日にすべての収録が終わったばかり。緒形さんの息子役で共演した中井貴一さんは、ラストシーンを「僕も精根尽き果てる感じでふらふらでしたが、緒形さんも立ち上がれないほどだった」と振り返っていた。

 その2日後、東京都内で開かれた「風のガーデン」の記者会見に緒形さんは出席。撮影の疲れもあってか、声にいつもの張りがなかった。作品について問われると「いや応なく人って老いていくわけで、それで病になるわけで、そしていや応なく死が訪れるわけで…」と答える場面もあった。

 それでも冗談を交えて会場を沸かせる気配りを示し「(春ごろから)玄米菜食に変えたんですが(白米の)すしだけは困ったなと思うんです」と、健康に配慮する様子も見せていた。


武骨にまじめに「印象に残る役者」追求 緒形拳さん

2008年10月7日印刷ソーシャルブックマーク
 5日死去した緒形拳さんは舞台とテレビ、映画を自由に行き来し、決して器用ではないが、それぞれのジャンルで強い印象を残す俳優だった。

 舞台の新国劇から役者生活をスタート。辰巳柳太郎や島田正吾に演技を学び、NHK大河ドラマ「太閤記」や「必殺仕掛人」で人気を獲得。映画に進出するや、野村芳太郎や今村昌平ら名監督の作品で活躍した。

 新国劇時代の先輩で俳優の大山克巳さんは「新国劇にいないタイプながら、才能があると見込んだ若者の一人だった」と振り返る。「『オレはのし上がり、あくまで勝ち組になる』というギトギトした意志に満ちていた」

 映画で最初に高く評価されたのが野村監督の「鬼畜」だった。愛人に生ませた子を次々捨てる役でキネマ旬報主演男優賞を受賞。「映画畑の人間じゃない僕が、賞をもらうなんて面はゆい」とコメントしている。

 映画評論家の佐藤忠男さんは「資質が最も出たのは『復讐(ふくしゅう)するは我にあり』だった」と言う。「とことんやってしまうエキセントリックな人間像は、戦後日本人の持つ熱さを象徴していた。役者としてのスケールが映画で生きた」

 カンヌ国際映画祭でグランプリ(最高賞)を受けた「楢山節考」では、老母を山に捨てる息子役で鬼気迫る演技を見せ、自身も日本アカデミー賞などの演技賞を独占した。

 老母を演じた坂本スミ子さんは、「撮影中は武骨なほどのまじめな人でした」と振り返る。実際には1歳年上の坂本さんを背負って、山道を延々と登るシーンのため、毎日セメントの袋を担いで足腰を鍛えていたことをよく覚えているという。

 海外での評価も高く、フランシス・コッポラとジョージ・ルーカスが製作した米映画「MISHIMA」で、三島由紀夫を堂々と演じたほか、英国のピーター・グリーナウェイ監督の「枕草子」などにも出演している。

 映画でスターとなった後も原点となった新国劇やテレビを大切にしていた。06年、新国劇の師・島田正吾晩年の代表作「白野弁十郎」をアレンジした一人芝居「白野—シラノ—」を演じた。また、遺作となったのは、倉本聰さん脚本の連続テレビドラマ「風のガーデン」だった。

 今年3月の本紙インタビューで、緒形さんはこんな話をしていた。「蟷螂(とうろう)の斧(おの)のようなものですが、人は老いと戦わねばならない。役者が世に残せるつめ跡は印象だけ。体は多少くたびれてきたが、気力でカバーして、『こんな役者もいたなあ』と思ってもらえる仕事を積み重ねたい」

全站熱搜

砂山 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()