2009年06月29日 09:29 JST

"This is It." (撮影:池野 徹)
ざわめきが聞こえた。ホテルのエントランスに現れたのは間違いも無く、マイケル・ジャクソンだった。5人の屈強な男に囲まれて待ち受ける人たちをかき分けて、こちらに向かって来た。「マイケル!」とひときわ高い声がした。ひな壇の上の方からだった。それを聞いたマイケルは、一人で駆け上がりその声のあるじから受け取った花束とともにハグしたのだった。ガードマンを制してのマイケルの突如の行動だった。しかしその瞬間、マイケルはもの静かで優しい男だなと直感したのだった。

マイケルが階段を上がりこちらに近づいて来る。ブラックのマスクをしている。カメラのフレームでそのブロウアップを撮る。そして風のごとく視界から消えた。用意されたルームに入った。少し離れた廊下で待っていた。30分も過ぎていたろうか、突如ドアが開いて、ガードマンに囲まれたマイケルがこちらに向かって来た。そう、強烈なパフュームが鼻を突いた。そして、やや小さな笑いを見せながら、手を差し伸べて握手してくれたのだ。その感触は、少し痩(や)せた長い手指、しかしちょっと荒れたザラッとした感触が残った。そして、強烈なカルバンクラインの匂(にお)いを残し目の前から去って行った。

フロアで全日本空手道の人たちが、日本の空手をオリンピックに採用させたいと講演が行われていた。そのスペシャルゲストが、マイケル・ジャクソンだったのだ。お忍びで来日していたのだ。マイケルは空手に造詣が深く、マイケルのダンスの振り付けにその動きが入っていたのが解(わか)る。そのステージに上がりマイケルは、山高の黒いハットにサングラス、マスクはつけていなかった。短いトークをして席に戻った。その席の隣には、ピッタリと一人の男の子がすわっていた。軽いディナーの後に、控室に戻ったマイケルと関係者が記念撮影をした。そして、アフターショーに、ジョー山中がリズムアンドブルースを披露した。

2009年6月25日、マイケル・ジャクソンが急死したと発表された。来月のロンドン公演を控えてのロスアンジェルスでのリハーサルの最中だったと聞く。その死の情報は世界を駆け巡った。1982年「スリラー」で驚異的な全世界ヒットをして、その歌、ダンスパフォーマンスはその後の音楽界に、音楽ファンに多大な影響を与え、マイケル・ジャクソンのスーパースターとしての認知はまさに全世界でポピュラーになったのである。マイケル自身の容貌(ようぼう)の変化、結婚、チャリティー、少年愛、虐待、資産、ライブ公演は、マイケルの一挙手一動は、世界の注目を引きつけていた。

それにしても早過ぎる死は、スーパースターの宿命だったのだろうか。かつて、マリリン・モンロー、エルビス・プレスリー、ジミ・ヘンドリックス、ジム・モリソン、石原裕次郎、美空ひばりらは、死してなお数々の伝説が渦巻いていて、若くして死んで行ったスーパースターの人間性が共通している部分がある。

彼らを若くして死に至ったのは、脚光と喝采(かっさい)を浴びた故に、多くのファンを得て、多くのエンターテインを与えたが、その多くのファンに与えられたプレッシャーによって早すぎる死に至ったのでは無いかと思われる。皆と同じ一人の人間が、スターになった時をきっかけに普通の人々の生き方を失って行く事で、私人が公人になる。莫大(ばくだい)な資産に囲まれる中で、精神は孤独に追い込まれて行く。しかし、一つの肉体は、普通の肉体なのだが、多くの、聴衆の眼と声援にスターの肉体も奪われて行く。プレッシャーに耐えられなくなるのだ。喝采が天才スターの命をシュリンクさせるのだ。

歌い手をステージで見ていると、ステージ上のパフォームが最高であり、そこに生きてる事が至福であるのが解る。だからステージで死ねたらとよく言うのである。ステージを降りたとき普通の人間に戻れればよいが、戻してもらえない状況が付きまとうのだ。それがスターへのプレッシャーとなって積み重なって行く。スーパースターは、スーパーボディを持つ事はできないのだ。だから、その時は、速く走った人生分、突如として、その肉体を消滅させられてしまうのだ。

ジョー山中、内田裕也とローリング・ストーンズを見に行った事があるが、内田裕也は、ステージに向かって「ミック、死ぬなよ!」と絶叫していたのを覚えている。最高のパフォーマンスへの敬意だと思った。スターの運命を透視してる一言だった。

しかし突如消えて逝った若きスーパースターへの代償として、時間を止めた「永遠」の二文字だけが残されて行く。マイケルのブラックマスクに光る眼の映像と、ガサッとした握手の感触が強烈に蘇(よみがえ)るが、マイケル・ジャクソンのスーパースターの伝説はこれから始まるのだ。

"This is Final Curtain Call.........This is It."


【了】

■関連情報
http://blog.livedoor.jp/stone999/

全站熱搜

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()