朝露が招く 光を浴びて 
はじめてのように ふれる頬

てのひらに伝う 君の寝息に 
過ぎてきた時が 報われる

いつか風が 散らした花も 
季節巡り 色をつけるよ

また君に恋してる いままでよりも深く
まだ君を好きになれる 心から


 若かっただけで 許された罪 
残った傷にも 陽が滲む

 幸せの意味に 戸惑う時も 
ふたりは気持ちを つないでた

 いつか雨に なくした空も 
涙ふけば 虹も架かるよ

 また君に恋してる いままでよりも深く
 まだ君を好きになれる 心から


また君に恋してる いままでよりも深く
まだ君を好きになれる 心から

全站熱搜

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()