大利根月夜

作詞 藤田 まさと
作曲 長津 義司
唄 氷川 きよし

あれを御覧と 指さす方(かた)に
利根の流れを ながれ月
昔笑うて ながめた月も
今日は 今日は涙の顔で見る

愚痴じゃなけれど 世が世であれば
殿のまねきの 月見酒
男平手と もてはやされて
今じゃ 今じゃ浮世を三度笠

もとをただせば 侍育ち
腕は自慢の 千葉仕込み
何が不足で 大利根ぐらし
故郷(くに)じゃ 故郷じゃ妹が待つものを

夢の浮橋

作詞 吉岡 治
作曲 弦 哲也
唄 石川 さゆり
契らぬ恋でも 罪ですか
比叡おろしの 吹きさらし
つれて行ってよ
ああ つれて逃げてよ 運命のままに
冬の鳴かない こおろぎのよに
闇にすがって 泣くおさん

この世で生き恥 晒すなら
いっそあの世で 二世三世
抱いてください
ああ 抱いて崩して 束ねた髪を
帯は裂けても 心は裂けぬ
早く行かせて 浄土まで

一日一生 それでいい
生きて嬉しい 夫婦なら
明日は丹波か
ああ 明日は雪降る 近江路あたり
夢の浮橋 ふたりで渡る
おさん茂兵衛の 恋すがた

真夜中のギター

作詞 吉岡 治
作曲 河村 利夫
唄 佐藤 竹善


街のどこかに 淋しがり屋がひとり

いまにも泣きそうに ギターを弾いている

愛を失くして なにかを求めて

さまよう 似たもの同志なのね

此処へおいでよ 夜はつめたく永い

黙って夜明けまで ギターを弾こうよ


空をごらんよ 淋しがり屋の星が

なみだの尾をひいて どこかへ旅に発つ


愛を失くして なにかを求めて

さまよう 似たもの同志なのね

そっとしときよ みんな孤独でつらい

黙って夜明けまで ギターを弾こうよ

愛を失くして なにかを求めて

さまよう 似たもの同志なのね

そっとしときよ みんな孤独でつらい

黙って夜明けまで ギターを弾こうよ


ギターを弾こうよ ギターを弾こうよ

ギターを弾こうよ

シクラメンのかほり

作詞 小椋 佳
作曲 小椋 佳
唄 布施 明


真綿色した シクラメンほど

清しいものはない

出逢いの時の 君のようです

ためらいがちに かけた言葉に

驚いたように ふりむく君に

季節が頬をそめて 過ぎてゆきました


うす紅色の シクラメンほど

まぶしいものはない

恋する時の 君のようです

木もれ陽あびた 君を抱けば

淋しささえも おきざりにして

愛がいつのまにか 歩き始めました

疲れを知らない子供のように

時が二人を追い越してゆく

呼び戻すことができるなら

僕は何を惜しむだろう

うす紫の シクラメンほど

淋しいものはない

後ろ姿の 君のようです

暮れ惑う街の 別れ道には

シクラメンのかほり むなしくゆれて

季節が知らん顔して 過ぎてゆきました

疲れを知らない子供のように

時が二人を追い越してゆく

呼び戻すことができるなら

僕は何を惜しむだろう

粋な別れ

作詞 浜口庫之助
作曲 浜口庫之助
唄 石原裕次郎


一、生命に終わりがある

恋にも終わりがくる

秋には枯葉が

小枝と別れ

夕べには太陽が

空と別れる

誰も涙なんか

流しはしない

泣かないで 泣かないで

粋な別れをしようぜ

二、生命に終わりがある

恋にも終わりがくる

はかない生命は

せつなくもえて

どこか消えてゆく

煙草の煙り

恋の行方なんか

わかりはしない

追わないで 追わないで

粋な別れをしようぜ



旅笠道中

作詞 藤田まさと
作曲 大村能章
唄 東海林太郎


一、夜が冷たい 心が寒い

渡り鳥かよ 俺等の旅は

風のまにまに 吹きさらし

二、風が変れば 俺等も変る

仁義双六 丁半かけて

渡るやくざの たよりなさ

三、亭主もつなら 堅気をおもち

とかくやくざは 苦労の種よ

恋も人情も 旅の空

人形の家

作詞 なかにし礼
作曲 川口 真
唄 弘田三枝子


一、顔も見たくない程

あなたに嫌われるなんて

とても信じられない

愛が消えたいまも

ほこりにまみれた 人形みたい

愛されて 捨てられて

忘れられた 部屋のかたすみ

私はあなたに 命をあずけた


二、あれはかりそめの恋

心のたわむれだなんて

なぜか思いたくない

胸がいたみすぎて

ほこりまみれた 人形みたい

待ちわびて 待ちわびて

泣きぬれる 部屋のかたすみ

私はあなたに 命をあずけた

私はあなたに 命をあずけた


上手に口説いて くれたなら

今すぐ返事が 出来るのに

大事な時には うつむいて

お酒の匂い 嗅いでいる


ジョークもいわずに 歌わずに

静かに笑って いるけれど

少ない言葉は すべてみな

真実なのは わかってる

蝶々でないし 孔雀でないし

香り自慢の 花でなし

ただの人間 ただの男の

そんなあんたが 大好きなのさ


少しはきれいに 飾ったら

結構もてると 思うのに

かまわぬ身なりで 野暮をする

もてない方が 気楽だと


何かがあったら 手をひろげ

私を守ってくれそうな

何かがあったら 抱き上げて

私を運びそうなひと

蝶々でないし 孔雀でないし

香り自慢の 花でなし

ただの人間 ただの男の

そんなあんたが 大好きなのさ


ただの人間 ただの男の

そんなあんたが 大好きなのさ




長良の萬サ

出がけ半升 上がって二升

長良の萬サの 仕事酒

土手の桜が ほころぶ頃は

春にこがれる 五月鱒

夜明け間近の 一番川に

胸までつかって 胸までつかって


エイ! 竿を振る 竿を振る


(語り)生まれついての 川漁師や

川の顔見りゃなんでもわかる

川は自然のまんまがええんや

なぶると危のうなるんや

なぶるとあかん

なぶるとあかん

二間四尺 段巻竿は

長良の萬サの 夢を釣る

釣れば暴れる 世話など焼かす

鮎はおなごと よく似てる

きつい雪水 船などいらぬ

無理と竿とが 無理と竿とが


エイ! あればいい あればいい

川の獲物は 授かりものよ

縁と運との 宝物

女房おまえに 釣られた俺が

長良ひとすじ いのちひとすじ


エイ! さかな釣る 夢を釣る

真赤な太陽

作詞 吉岡 治
作曲 原 信夫
唄 美空ひばり,ジャッキー吉川とブルー・コメッツ


一、まっかに燃えた 太陽だから

真夏の海は 恋の季節なの

渚をはしる ふたりの髪に

せつなくなびく 甘い潮風よ

はげしい愛に 灼けた素肌は

燃えるこころ 恋のときめき

忘れず残すため

まっかに燃えた 太陽だから

真夏の海は 恋の季節なの

二、いつかは沈む 太陽だから

涙にぬれた 恋の季節なの

%E

全站熱搜

砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()