作詞:吉岡治/作曲:弦哲也/編曲:若草惠
闇にさえ 桜は咲いて
散らして散らない恋ごころ
慕っては はげしく厭い
火のような通り魔がゆく
ぼんやりと紅灯ながめ 文綴る
一葉   丸山福山町


その身体 任せてくれと
露骨に言い寄る人がいた
貧しさに明けくら泣いて
身を削りこの世を生きる
塵の中賑わい哀し 花街の
本郷丸山福山町


いつの日か みどりの野辺を
そぞろに歩いておいでなら
その袖にまつわる蝶は
まだ慕う化身のわたし
微笑みもやつれて病んで 絶えだえに
一葉   丸山福山町


經翻譯軟體後的大作...

一葉戀歌

連在黑暗裡(上) 櫻花開

弄散不散落的戀慕心

愛慕 激烈地嫌棄

象火一樣的過路的妖魔去

糊裡胡塗紅燈注視 消逝

一葉丸山福山町


那個身體託付

露骨求愛的人在

貧窮結束kura哭

削身體活在人世裡

塵中熱鬧哀做 煙花柳巷

本鄉丸山福山町


何時的日或者 綠的原野

不知不覺地走要是在

在那個袖子裡(上)纏的蝴蝶

還愛慕的化身的我

微笑也消瘦得病是 斷絕得

一葉丸山福山町


    全站熱搜

    砂山 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()